導なきmi-chiへ


東京都葛飾区で活動するフットサルクラブ「FC KREIS」代表 川口竜太のブログです。

2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

愛は時間

7月の後半は仕事で静岡、栃木、茨城、神奈川、埼玉…とほぼ家に帰ることなくサッカーグラウンドでコーチングの仕事(^^)
そして、地方で出会う指導者との交流会で新たな出会いやアイディア、発想をいただけることが本当に楽しい♪♪サッカーというスポーツ一つでこんなに真剣に考え、自分の人生をかけている姿は本当に素晴らしいの一言です!!


やっぱり人の話を聞くことは本当に勉強になります。百聞は一見に如かずという言葉がありますが、本当にそうだと思います。

この時代、SNSを使えばほぼ全ての情報を手に入れることが出来る。しかしだからこそ、人と出会いを大切にしてきちんと話を聞いてその人を理解することが大切なんだろうなぁーと改めて感じました☆





はい、俺もカメです。カメは休みませんよー♪♪一歩一歩大切に歩みます^_^



あ、そういえば先日、FC KREISレディースのメンバーで東京都フットサル選手権大会予選を観戦しました。



最前列を確保する可愛い子ちゃん達^_^
先日の練習試合からフットサル熱が上がってきてます♪♪




ENJOY FUTSAL CLINICでお世話になっている早川梓選手の応援☆一緒に写真も撮りましたー!

しかも、その観戦した試合の前日は早川選手の誕生日だったのでケーキをプレゼント♪♪めっちゃ喜んでくれました(^^)



早川選手自らこの写メを送ってくれました☆ありがとうございます!!


やっぱりメールやFacebook、Twitterなどで誕生日を祝うより、直接ケーキを渡した方が絶対に嬉しいはず。
「応援してるからね!」って言われるより直接会場に行って応援する方が絶対に嬉しいはず。

俺はやっぱり人が喜んでくれることを優先してしまいます。だって、喜んでくれたらこっちも嬉しくなるからね!!


時間をかければかけるほど愛情が芽生えると思います。だから、俺も関わって下さっている方々になるべく時間を注いで少しでも喜んでもらえたらなぁーと思っています。


もちろんFC KREISのメンバーにももっともっと時間を注いでいきたい。




そんなことを考える1人の夜。そして、こんな俺のお供はラーメン(笑)


最近引越した近くにあるラーメン屋です。美味しい!!





なんかよく分からないBlogになってしまいましたね…(笑)

スポンサーサイト

ラーメニスト川口による上半期Best5

2014年もあっという間に7月になってますね。1日1日を大切に過ごしていきたいなぁと思わされる今日この頃です^_^


川口竜太はサッカーコーチの裏の顔、ラーメニストてして活動しています。高校生からラーメンに魅了され、800杯以上食べ歩き味を追求してます。

↑この写真は家宝です。左からラーメン王青木氏、ラーメンプロデューサー石山氏、ラーメンミュージシャン田中氏、日本一ラーメンを食べた男大崎氏との写真です♪♪


今年は引越しなどなりあまりお金をかけられず上半期で60杯しか食べれてません…。下半期はペースアップしていこうと思ってます☆

っということで、ラーメニスト川口竜太による上半期Best5を勝手に始めたいと思います♪♪


第5位

たけちゃんにぼしらーめん

TEL:042-441-2740
住所:東京都調布市布田1-47-1
最寄駅:調布駅
営業時間:11:30~23:00
定休日:無休
HP:http://www.takenibo.com

三河屋製麺の中太ストレートの麺に醤油ダレが効いた濃厚スープは絶品。後から口の中に広がる煮干しの香りは素晴らしいの一言。一口一口余韻に浸りながら食すことが出来ます。今時珍しいナルトもgood!!


第4位

四つ葉

TEL:不明
住所:埼玉県比企郡川島町伊草298-20
最寄駅:川越駅から徒歩45分
*圏央道 川島ICより5分
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00
定休日:火曜日

駅からも遠く、立地は最悪ですが昨年新人ラーメン店として話題になったお店。まず写真見てわかるように美しいヴィジュアル。比内地鶏や醤油など素材の旨味や香りが輪郭をくっきり浮かばせ、クリアで素晴らしい。ラーメンを食べ終わるのが名残惜しいと思うラーメンに出会ったのは久々。




第3位

五ノ神製作所

TEL:03-5379-0203
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-16
最寄駅:新宿駅南口より徒歩4分
営業時間
[月~金]
11:00~15:00 17:00~21:00
[土・日]
11:00~21:00
定休日:無休
HP:http://locoplace.jp/t000031679/

2010年Open当初は裏通りにあり、なかなか認知されずにいたが、やはり口コミの力は凄まじい。今では東京の海老つけ麺といえばこの店になりましたね。海老の風味が香ばしく漂い、動物系もしっかりで、粘度高めのスープが麺にしっかり絡みます。麺は自家製で歯応えが素晴らしい麺。つけなくても美味い。あぁーまた食べたい。



第2位

らーめん勝

TEL:03-3678-6339
住所:東京都江戸川区篠崎町7-13-20
最寄駅:篠崎駅 徒歩10分
営業時間:18:00~26:00
定休日:日曜日

この店は取材NGのお店。しかし、夜の24時以降でも行列のお店。店主とは昔からの付き合いでオーダーしなくても味濃い目、麺固め、油多めにしてくれる人情あるお方。先日、たまたま銭湯でお会いして2時間サッカートークしたくらいのサッカー好き。人付き合いが素晴らしくこの人に会いたくて店に来る人も多数。しかし、それだけではなく尋常じゃなく美味いラーメン。野菜の旨味、甘みも感じられあっさりとした、体に染みるような、本当に美味しい優しい味の醤油とんこつスープです。麺は平網ですくい上げる、細ストレート麺。特に秀逸なのはチャーシュー。今まで、ここより美味しいチャーシューに出会った事はありません。あーあ、隠そうと思ってたけどBlogに書いちゃったぁ(笑)



第1位

らぁ麺屋 飯田商店

TEL:0465-62-4147
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14
最寄駅:湯河原駅より徒歩9分
営業時間:11:00~15:00(または材料終了まで)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
HP:http://r.iidashouten.com/



スープ、一口飲んだ瞬間、世界が変わります。生の醤油を仕入れ、全く雑味のない鶏の出汁と合わり醤油のまろやかさと旨みだけが、幾重にも折り重なって、
スープの表情を創りだす絶品。麺はラーメンの域を超えた小麦香る麺。上品で繊細で完成された食材バランスと味。


本当、このラーメンはぜひ食べてもらいたい♪♪




また下半期のラーメンをレビューしますのでお楽しみに☆






夢中になること

W杯がもうすぐ終わってしまいますね。あっという間の1ヶ月だと思います。不規則な生活ももうすぐ終わると思うと嬉しいやら悲しいやら…。

そんな中自分は日本サッカーがどうなっていくべきなのかを模索しつつ、むしろ日本の将来ことや自分の将来のことなど考えていました。



先日、原宿の裏の方にあるサッカーカフェmfにてフットボール座談会を行いました♪♪
そこにはセクシーフットボールで一世風靡した野洲高校サッカー部元ヘッドコーチでセゾンFC代表の岩谷さんがいらっしゃるので、日本サッカーの未来について4時間ほど語り合いました☆「あー楽しかった」で終わることなく日本指導者としてのプライドと使命感を持って生きていきたいです!!!!








さてさて、サッカーの話ではなく自分の考えの話を書きたいと思います。




先日、大学の友人4人と久しぶりに食事する機会がありました☆


そこである友人が仕事の相談をしてくれました。それはかなりシビアに問題でした…。本当に真面目なやつで一生懸命その会社のために働いていて、ほぼ休みもなくがむしゃらに頑張っていました。しかし、給料を聞いてビックリ!!!!信じられないくらいの給料しかもらってませんでした…。いわゆるブラック企業です!
その友人から話をさらに聞くと上司のこと、会社のことなどの悪いところがドンドン出てきます…。

「すぐにその会社を辞めるべきだ!!」

とみんなでアドバイスしていました。
が、自分はみんなとは少し違う考えを持っていました。
しかし、「ぐっちは好きなことやり過ぎだから言う権利はない!」と怒られてしまい意見を言えませんでした(笑)




みなさんはどう思いますか?




確かにブラック企業だと思いますし、悪い上司、会社だと思います。けど、その考え方で違う会社に転職しても3年後、5年後には全く同じことが起きてしまうと自分は思います。

大切なのは「この仕事でご飯が食べられて嬉しい」と心底思えているかということです。その部分は友人にはなかったかなぁー(´・_・`)

私は「当直が多い」とか「クレームが怖い」とか「給料が同業他者より安い」と毎日ぼやいている人達はとてもつまらない人間に思えてきてしまいます。ああ、みんな基本的に「自分の仕事が好きじゃない」のだ。と思ってしまいます…。


何故このようなことを考えたのかというと、最近、ある動画を興味深く観て考えていたからです☆


オタクを超えた精巧さ!大英博物館も認める技術集団:海洋堂社長宮脇 修氏
*テレビ東京『カンブリア宮殿』2012年9月27日放送分

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/20120927.html


海洋堂というのは、1軒の模型店に集まってきたマニアたちがつくってきた会社なのだそうです。
既存のモデルに飽き足らなくなったマニアたちが、「自分で自分を満足させられるモデルをつくる」ことからはじまり、同好の士たちが次第に集まってきて、いまの形になったそうです。

いまでもマーケティングはせず、「他社よりも少し良いもの」ではなく、「宮脇社長が面白いと思うもの」「とにかく最高のクオリティのもの」をつくる。

海洋堂を支える原型師たちへのインタビューの中で考えさせられたのは、毎日朝9時の勤務時間から、夜の9時、10時まで、ずっと海洋堂で仕事をしているのだそうです。会社と「寝に帰る」家との往復以外は、大阪の街に日曜の午前中に情報収集に行くだけ。

夕食も毎日会社。独身。

海洋堂には、そういうスタッフがたくさんいるのだそうです。

誰にも強制されることはなく「最高のフィギュア」を創ることに没頭する人たち。

彼らがどのくらい給料をもらっているのかはわからないけれど、正直、この働き方だと、どんなに高給でも、使う暇もないだろうなあ、なんて考えてしまいます。

それこそ「趣味のもの」を買うのに使うしかないのだろうけど、それもまた仕事の必要経費といえなくもないわけで。

『カンブリア宮殿』に出演していた海洋堂のスタッフは、「自分はこれしかできないから、この仕事でご飯が食べられて嬉しい」と語っている人や「海洋堂のおかげで、なんとか食べていけるようになった」と満足げに語っていました。

彼らは、この会社がブラック企業だろうが、上司がダメだろうが、労働条件云々なんてことは全く頭にはないようで、「こうして自分が好きなことをやって給料をもらって生きていけるだけで幸せ」だと心から思っているようにみえました。

「自分にはこれしかできない」と思い定めてやっている人の「これ」には、すごい迫力があるものです。

「自分が本当にやりたい仕事をやっている」人にとっては、どんなキツイ労働条件でも「ブラック」じゃないのかなーって考えさせられました。






自分の友人の仕事と海洋堂の話を通して考えさせられたのは「夢中になる」ことの重要さです。




自分のライフスタイルの延長線上に仕事があれば自分が誇りを持てる仕事になるはず。ライフワークには定年はない。引退する必要もない。楽しい仕事、誇りを持っている仕事を身体が動く限り続けられる!

今流行りのリスク上等!!ではない。
本当に熱中できる仕事にリスクはない

それが自分の仕事であり、ライフワークだと思う!!


FC KREISは仕事だと思ったことは一度もない。
ただ、自分の好きなことでありライフスタイルの延長線にFC KREISはあると思っている。自分の考えたことをみんなで共感し、成長し、色んな人々の繋がりができるコミュニティになっていければいいなぁと考えている。また、自分だけじゃなく仲間の新しいアイディアなどが出てきてもっともっと魅力的なコミュニティにしていきたいし、出来ると確信してます^_^








なぁーんてことを悩んでいる友人にアドバイスしたかったなぁ♪♪


本田圭佑とルフィのリーダーシップ

残念ながらサッカー日本代表はW杯は1引き分け2敗でグループリーグ敗退になってしまいました。個人的には戦える選手が多かったので行けるのでは!と思っていましたが、まだまだ甘かったようです。

「チームは生き物」という言葉あるように日々チームは良くなったり悪くなったりします。それをまとめたりするのがキャプテンであって指導者であって自分自身であったりすると考えています。


今回の本田圭佑の「W杯優勝」発言について思考していきたいと思います。


本田圭佑はビックマウスを連発して世間を騒がせたり、ポジティブ思考で大怪我や困難にも立ち向かっていく姿がピックアップされていて注目を浴びていますね!



例えば

○壁にぶち当たった時は

「この状況を経験できるのは60億人の中で自分だけだ。すごく貴重な経験をしている」

○課題や問題に直面したら

「まだまだ伸びしろがある」

○ミランに移籍してなかなか結果を出せない本田圭佑に対してメディアの批判に対して

「僕に期待してなかったら、批判もしないでしょ。批判されたくなかったらミランに移籍しなければいい」



など本田節炸裂!!って感じです^_^



ただ、本当にそれが強靭なメンタルなのでしょうか?正直、俺は賛同出来ません。なぜなら、サッカーはチームスポーツだからです。自分の問題をいつも自分自身で解決することを意識していたら疲れないのかな?俺は疲れます(笑)
むしろ、「無理だなー」とか「辛いよー」って言っちゃいます(笑)

だけど、自分の辛い気持ちや苦しい気持ちをきちんと聞いてくれたりする友がいること、または作ることが自分がポジティブになるために必要な要素だと思います♪♪


自分の好きな名言があります。(名言なのだろうか…笑)

「おれは剣術を使えねェんだコノヤロー!!!
航海術も持ってねェし!!!
料理も作れねェし!!
ウソもつけねェ!!
おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!!!」






はい、そうです!ワンピースです(笑)



主人公ルフィのセリフですが、個人的にはかなり深いなぁと思っています。なぜなら、自分の「出来ること」と「出来ないこと」をきちんと捉えていてなおかつ、仲間を信頼しているからこそ言えるセリフだと思います。しかも、こんなこと言われたら仲間もモチベーションは上がりますよね!!



サッカーで大切なことはチームとしてのビションを明確にして、そのビションに対してみんなが100%取り組むことです。その雰囲気作りや空閑作りを本田圭佑がしていたら日本代表はどうだったんだろうなぁーと考えてしまいます。


大切なのは自分に期待することよりも、今の自分をきちんと理解して理想の自分へ向かうために仲間に助けてもらう「謙遜」が必要だと思います☆それから自分で努力をすること!


FC KREISの代表である川口なんか本当欠点ばっかりです(笑)だけど、俺には最高の仲間がいるからいつも一歩ずつ進める自信はあります♪♪


日々FC KREISに来てくれる仲間に感謝の気持ちを持ちつつ今日も一日頑張ろう!!



みんなありがとうね^_^





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。