導なきmi-chiへ


東京都葛飾区で活動するフットサルクラブ「FC KREIS」代表 川口竜太のブログです。

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ フットサル
CATEGORY ≫ フットサル
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

勝ちより価値から価値ある勝ちへ

組織って個人の目的達成のために働く。


だからフィットするからいる。合わなくなったから去る。


居場所があるから居る。個性があるから重宝される。


個人の個性にフォーカスがあてられ、
その個性が一番有効的に生かせるところを見つけて、そこで能力を発揮する。



しばらくして合わなくなったら、またフィットするところを探してそこにいく。







その繰り返し。








常に自分が一番居心地よく、個性が大きくに発揮される場所を求める。




一見理想的な体制に見えるけど、
そうやって個人の強みを生かしながら目標に向かって進んでいくのは「組織」なんだって知った。



組織は個々の強みが最大限に発揮される必要がある。





その強みが揃うプロフェッショナルな集団によって効率的、効果的な結果を生み出し、目的を達成する。















……でもFC KREISっていうのはなにか目に見える結果を目的にする集団じゃない。






人が増えることが目的じゃない。





立派なユニフォームやフットサルコートを建つことが目的でも、素晴らしいパスワークを生み出すことが目的でもない。





そうじゃなくて、
KREISの目的は家族である仲間達を共同体として愛し合うこと。







それは目に見える尺度で測れない。






KREISは、組織ではなく、愛による共同体。






そこは、人が何か卓越して出来るからという理由で在籍するんじゃなく、家族のような仲間達だから一緒にいる。






そんなの当たり前でしょ、っていう共同体。




仲間だから、損得関係無しに関わる関係。





合うとか合わないから、フィットするしないで家族であることはやめはしない、
自分の仲間達なんだから、助け合って愛し合って生きるのが当たり前っていう世界。






面倒くさいこと、泥臭いこと、かっこわるいこと含めてトータルで愛を実践して仲間同士と関わっていくことが求められる。





組織であれば、使えない人、嫌いな人がいたら切っていけるかもしれない。





もっといいオファーがあれば、そっちに移ることが出来るかもしれない。





でも、FC KREISであればそうはいかない。
いつかフットサルブームなんかは過ぎ去っていく。






過ぎて無くならないのは、仲間達の家族としての絆。






複雑なようで非常にシンプルなんだよね。





土台にあるのは、愛し愛されているということ。





ミッションは、人を愛すること。



包丁だって食物を切るという目的を見失ったら、凶器になりうる。



KREISだって同じこと。

フットサルの知識だって同じこと。


「何のためなのか」そのモチベーションが大事。





そしておれらがやることのすべてのモチベーションは、仲間達を愛すること。




愛するために生きていく。
愛するために楽しいイベントもやるし、
愛するために真剣にフットサル学ぶし、
愛するために時間を共にする。
愛することがモチベーション。愛することがすべての軸。





いまやろうとする働きが本当に愛するためにやろうとしているかを自問自答する。






そうするとやるべきこと、やらないべきことがおのずとクリアになっていく。







愛することがすべてのモチベーション。



すべての働きの理由。すべての動きの原動力。



『チームでもなく、組織でもない、本当に作りたいのは… 』





















そう今まで語っていたのはFC KREISの本質。



自分の生き方。
生き様。
使命。
ミッション。






では、FC KREIS TOPTEAMとは…






TOPTEAMはさらなる価値を提供しないといけないのではないか。




1年前からずっと考えていた。もやもやしていた。





だって今までやっていたことを続けていくと、現状維持となる。





新しいことに挑戦したり、仲間達に対して新しいものを提供しようとしたときに、既存の人は離れていく可能性がある。





怖い。うん、怖いよ。






既存の人たちを大切にしたいけど、新たなステージを提供するのも大切ではないか。





FC KREIS TOPTEAMの新たなミッション。






そうすると提供できる価値はどんどん進化している。






今いる自分の位置に甘え、新しいことをにチャレンジすることを恐れたら、進化を止めることになってしまう。






今までとは違うFC KREIS TOPTEAMが提供する価値に目を向け、新しい出会いに目を向ける。






そこには、今まで見たことのない光が差し込むと信じて。






だからこそ、チャレンジしたい。









FC KREISとは
⇒『勝ちより価値』へ


FC KREIS TOPTEAM
⇒『価値ある勝ち』へ










『勝ちより価値』から『価値ある勝ち』へ











FC KREIS TOPTEAMは来年度正式に都リーグにエントリーします。








一緒に冒険しよう。









熱くなろうぜ。





大丈夫、一人じゃない。共に手を合わせて冒険しよう。




FC KREIS 代表川口竜太

スポンサーサイト

チームでもなく、組織でもない、本当に作りたいのは…

「繋がる」は選択すること。その選択で人生が決まるのかも


なんか最近すごくこの1年半前くらいのBlogの感情が再浮上してきている。

まぁみんなそれぞれの人生だし、みんな今日という自分を選択し、決断していくんだよなぁ。


けどその決断の基準の中には間違いなく「楽しさ」という要素はあるはず。ということは自分が提供している空間に楽しさはないということ。「何か」と比べてその「何か」を選択していくんだよね。

ただ、生きるってそういうことだよなぁ。



自分がいくら努力したっていくら頑張ったって選択する自由は相手にある。だからこそ今、与えられている環境の中でもっともっと努力して一生懸命頑張って良くするしかない。


相手が変わってほしいなら自分が変わるしかないからね。





………とか言って俺は常に自分が一番居心地よく、個性が大きくに発揮される場所を求めていた。フィットするからいる。
合わなくなったから去る。そんな個人主義思考でした。


そもそも「組織」とは、個人の強みを生かしながら目標に向かって進んでいくこと。

組織は個々の強みが最大限に発揮され、その強みが揃うプロフェッショナルな集団によって効果的な結果を生み出し、目的を達成する。



けど、自分が本当に作りたいのは組織ではなあい。愛による共同体である。





そこは人が何か卓越して出来るからという理由で在籍するんじゃなく家族だから一緒にいる。


そんなの当たり前でしょ、っていう共同体。


家族だから、損得関係無しに関わる関係。




合うとか合わないから、フィットするしないで家族であることはやめたりはしない。

自分の家族なんだから、助け合って愛し合って生きるのが当たり前っていう共同体。


面倒くさいこと、泥臭いこと、かっこわるいこと含めてトータルで愛を実践して家族みたいなチームであり、仲間でありたい。



組織であれば、使えない人、嫌いな人がいたら切っていけるかもしれない。

もっといいオファーがあれば、そっちに移ることが出来るかもしれない。


でも、家族であればそうはいかない。
それは自分が賞賛をあびるためでも、大きな働きするためでもなく、愛するため


そんな面倒くさくて、暑苦しくて、ウザいのが川口竜太なんだよね。


こんなクールな時代だからこそ、アホみたいに熱くならなきゃ!





俺のミッション(使命感)は、人を愛すること。
包丁だって食物を切るという目的を見失ったら、凶器になりうる。


いまやろうとする働きが本当に愛するためにやろうとしているかを自問自答する。


考えれば考えるほど、自己中心的な思いがモチベーションで突き進んでいることが結構あった。





はい、ごめんなさい。反省します。

原点に、自分の生き方の本質に戻ります。








FC KREISのスタートはフットサルチームだけどフットサルチームではない。


チームや組織を作ることではなく


『また帰って来れる場所』


を作ること。






居場所作りです(^^)




カナダに居ようが、ハワイに居ようが、なかなか大学で来れなかったり、受験や就活で来れなかったりしてもいい。今はフットサルではなく、彼氏彼女に夢中だったり、違うことや趣味に向かっていても全然構わない。

FC KREISは家族だからいつでもウェルカム。


そんな場所・空間を作ることが何よりも大切なことなんだと気付かされました。



大切な仲間たちがFC KREISに来れなくてもいつも想っているし、気にかけてます。



「ただいまー!」

「おかえりー!」



そんないつでも戻ってこれて、笑顔で満ち溢れている空間をこれからも作り続けます。

いつか戻ってこれる場所へ

FC KREISメンバーの健ちゃんがアメリカに行くことになったのでみんなでバイバイ♪♪



記念の一枚♪みんな最高の笑顔(^^)



みんなで食事の後の一枚♪これも素敵な写真☆


健ちゃんと出会ったのは高校1年生の時。それからもう5年も経つのか…。老けたな、俺(笑)


みんな一つずつ一つずつ大人へ向かって行くんだよね。嬉しいけどなんか少し寂しいな。けど、みんなが大人になっても戻ってこれる場所を作ることが俺の使命




「ただいまー!!」




「久しぶりー!!」






とかね♪そんな感じで気軽に来て欲しい。


家庭問題や学校問題、職場問題、友人恋人関係など…。色々あると思う。


むしろ問題のない人なんてこの世にいないもんね。


けど、ここだけは

この空間だけは



男女や大人子供やくだらない学歴やプライドなど全て取っ払って「笑顔」に満ち溢れている場所



そんな空間をこれからも作り続けたい。


笑顔は世界最強の武器だよ☆



バイバイ、健ちゃん♪いつでも戻っておいてね^_^

ワクワクした時間

正直、光樹のお別れムービーを作る時間はあまり寝れなかったけど…



最高にワクワクした!!



光樹が笑顔になってくれる
光樹がビックリしてくれる



そういうサプライズ的なものが大好き!!






そして、そのために作業している時間がワクワクしまくり。あっという間でした。確かにその時間はお金になることはない。けど、お金以上の価値がここにはあると信じている。


笑顔は世界最強の武器♪♪だと思って生きています:-)





顔面ケーキだったり(笑)






まさかの人からプレゼントだったり☆



これからも何かをいつも企んでいる川口竜太で居続けます(^^)







決断する時

大切な大切な仲間がブラジルでチャレンジします。何かFC KREISらしくお別れしたいと思ってメッセージムービーを作成♪♪

光樹ブラジル留学お別れムービー



一昨日にどのように作るか、そしてみんなからのメッセージを集めて昨日から作業開始。夜から始めていたけど、あっという間に朝に(笑)仕事に行って、合間に作成。



…って具合だったのでブログは昨日更新出来ませんでした。けど、寝てないから毎日更新はしてると勝手に思い込んでいます(笑)






素晴らしいチームです。心からそう思いました。仲間にこの環境に感謝です!


そして光樹、思い切ってチャレンジしてこい!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。